北海道で暮らす場合は賃貸物件の特徴を理解してから選ぼう


暖房器具付きの賃貸物件が多い

進学や転勤、結婚などで北海道で暮らすことが決まったことに伴い住まいを探す場合は、賃貸物件の特徴を理解してから選びましょう。北海道といえば夏は比較的過ごしやすい気温ではあるものの、冬は低い気温と雪の中で暮らすことになります。厳しい環境での生活で欠かせない設備といえば暖房器具です。北海道の賃貸物件は、暖房器具を備え付けしているタイプが多いです。自分で購入しなくても良いので、暖房器具の準備にかかる負担を減らせます。また、冬に生活を始めることになった場合はすぐに使い始められるため、暖房器具を購入するまで寒い室内で過ごす状況にはなりません。ただ、暖房器具は賃貸物件によって異なることから、選ぶ際にしっかりとチェックしましょう。

2つの窓で冬の寒さを防ぐ

冬の北海道は気温が上がらないので、最高気温がマイナスという日は珍しくないです。外の気温が低くなれば室内の温度も下がってしまうため、暖房器具の設定温度を高くしたり、厚着をしたりといった対策が必要です。ただ、北海道の賃貸物件は寒さ対策として2つの窓になっている場合が多いです。内と外の2枚の窓によって、室内の温度を高く保てるようになります。これはアパートやマンション、一戸建てといった賃貸物件の種類に関係なく共通している特徴の1つです。2つの窓は寒さを防ぐ対策として効果はあるものの、暖房器具を使用しなければ厳しい北海道の冬を乗り切るのは難しいです。そのため、冬場はしっかりと部屋を暖めて過ごすことが大事です。

北海道の最低賃金は、地域別最低賃金と特定最低賃金があります。函館の賃貸も同様です。特定最低賃金は乳製品・糖類製造業、鉄鋼業、電子部品製造業、船舶製造等に関して定められています。