どこに依頼してどれだけかける?注文住宅の外構


外構工事はどこに依頼するのか

注文住宅の依頼は、ハウスメーカーな度へと行います。しかし、ハウスメーカーでは住宅の建築しても、庭や駐車場といった外構部分の工事は請け負っていないこともあります。そのような場合、外構部分の工事はどこに依頼するべきかという問題が生じます。おおよそは、ハウスメーカーから紹介してもらった外構工事業者に依頼するか、自分で業者を探して依頼するかのいずれかです。どちらの依頼方法にもそれぞれメリットデメリットがあります。

ハウスメーカーからの紹介のメリットは、打ち合わせがスムーズにでき、建物とも兼ね合いの取れたデザインを実現することができることです。また、不当な業者が少なく、探す手間が省けて楽というメリットもあります。反対にデメリットとしては、ハウスメーカーへと紹介料を支払う必要があり、高額になりかねないということがあげられます。個人で依頼すれば、費用は安くなる可能性もありますが、手間がかかります。

外構工事の費用とローン

外構工事にかける予算は、注文住宅を依頼する際にたてた全体の予算のおよそ1割を目安とすることがおすすめです。様々な要素を盛り込めば、おおよそその程度の費用が掛かることが相場となっています。注文住宅を建てる際に限ったことではありませんが、現金一括で住宅を購入する人はあまりいません。おおよその場合は、住宅ローンを利用します。この住宅ローンを利用する場合は、外構工事費用も込みでローンを組むことができるのかを確認することが重要です。1割といっても大きな価格なので、自己資金で賄えるかどうかは確かではありません。しっかりとした準備が必要となります。

横浜の注文住宅は依頼する事が出来るメーカーの選択肢が豊富です。全国的に展開しているメーカーから地場の工務店まで多種多様です。