1Rと1Kの違いはどこ?1Kと1DKはどちらがいい?


1Rと1Kは仕切りがあるかどうか

一人暮らしで物件を探しているとき、同じような賃料で1Rと1Kを見つけるかもしれません。間取りを見ると広さや設備なども同じでその違いが分からない人もいるでしょう。1Rはまさに部屋しかない物件になり、玄関から部屋を見ると部屋の奥まで見通せます。シンクなどキッチン関係の設備はありますが、そのギリギリまでがRになります。一方1Kはキッチンと1つの部屋からなる間取りです。玄関から部屋をのぞくと奥まで見渡せないかもしれません。間に扉があるためです。この扉までの部分がキッチンで、その奥の部屋が居室になります。1Rと1Kと表記は異なるものの、仕切り以外にほとんど差がない時もあります。1Rの方が広くなるときもあるので、間取りだけでなく広さもチェックしましょう。

1Kと1DKは広さが大分異なる

賃貸物件の間取りには、KやDK、LDKなどがあります。通常その前に数字が付けられています。LがリビングでDがダイニング、Kはキッチンになります。一人暮らしぐらいなら1Kや1DKを選ぶかもしれませんが、それぞれにどんな違いがあるかです。部屋の数は同じなので、KとDK部分の違いになります。Kは4.5畳未満の空間を差し、DKは4.5畳から8畳未満を指します。少し狭いと感じるときは1Kで、ゆったりしているなら1DKになるでしょう。広さが異なるので、立地など他の条件が同じなら1DKの方が賃料は高めになります。居室で過ごす時間が長いのであれば、ゆったり目の1DKを選ぶ方が良いかもしれません。寝られれば十分と考えているなら、1Kでも問題なく過ごせるでしょう。

札幌中央区の賃貸は、単身用からファミリー向けまで豊富に存在します。特におすすめは、旅行などで長期滞在する際に便利なウィークリーやマンスリーマンションです。