手軽?面倒?賃貸オフィスのメリットとデメリット


賃貸オフィスとはどのようなもの?

賃貸オフィスとは名前の通り、賃貸物件として提供されているオフィスそのものを賃貸契約して利用するスタイルのものを指しています。賃貸契約さえ結べば自社で独占して利用することが可能なので、創業や起業をする時の事務所確保の方法として利用する人も少なくないようです。
レンタルオフィスと呼ばれることもあり、契約期間は通常の賃貸物件のように継続して更新するものもあれば短期間契約で利用される場合もあります。

賃貸オフィスのメリットとは

賃貸オフィスのメリットは、事業をする上で自社のオフィスを持っているということをアピールできることにあります。
一般的な貸し出されているオフィスなどの場合は自社のオフィスであるとアピールすることができないため、取引先から信頼を集められないことも少なくありません。そうなると会社としての信頼を集めるためにはほかの手段を検討しなければいけないので、余計な手間がかかってしまいます。それに対して賃貸オフィスであれば契約していれば自社オフィスとアピールできるので、手軽に信頼を集めることができるのです。また自社でオフィスを独占することができるので、内装を自由にできるなどの自由度の高さもメリットだとされています。

賃貸オフィスのデメリットとは

そして賃貸オフィスならではのデメリットとしては、一般的な賃貸物件同様に数か月分の保証金などが必要になる点があります。
またOA機器やインターネット環境などの設備が整っていないところも多く、ビジネスに必要な設備・インフラの導入に膨大な費用と手間がかかる点もデメリットだとされています。そして契約を終えてオフィス移転をする場合にも費用が掛かることから、起業後に会社が成長した場合に対応が難しいという点もあるのです。

起業したらぜひ借りたい賃貸オフィス 中央区は大変人気の場所です。その理由は都心にあり交通の利便性が良く、また高層オフィスビルからコンパクトオフィスまで多様な賃貸オフィスが充実しているからです。